2010年01月31日

Hunter College Recital-- Victoria de los Angeles & Alicia de Larrocha

ロス・アンヘレス スペイン歌曲リサイタル(ハンター・カレッジ・リサイタル)
VICTORIA DE LOS ANGELES HUNTER COLLEGE RECITAL

2つの古典歌曲 (2 Classical Songs)
1,信じきった紅ヒワ〜サルスエラ≪アシスとガラテア≫より
(Confiado Jilguerillo - “Acis y Galatea”)
2,エル・トリピリ (El Tripili)
≪昔風のスペイン歌曲集≫より(グラナドス/ペリケー詩)
(9 Tonadillas 〔Granados/Periquet〕)
3,ゴヤの美女 (La Maja de Goya)
4,愛と憎しみ (Amor y odio)
5,内気なだて男 (El Majo Timido)
6,美女のまなざし (El Mirar de la Maja)
7,町をぶらつく (Callejeo)
8,トラ・ラ・ラとギターのつまびき (El Tra la la y el punteado)
9,ひかえめな下町娘たち (Las Curretacas modestas)
10,忘れられただて男 (El Majo Olvidado)
11,分別のあるだて男 (El Majo discreto)
≪愛の歌≫より(スペイン古詩/グラナドス編)
(6 Canciones Amatorias〔Traditional/ Granados〕)
12,お泣き、心よ (Llorad, corazon, que teneis razon)
13,松林へ行った娘たち (Iban al Pinar)
14,泣くな、ひとみよ (No lloreis, ojuelos)
15,サン・ファン祭りの朝 (Mananica era)
16,うぶな娘の私ゆえ (Mira que soy nina amor dejame!)
17,わが佳き人 (Gracia mia)
≪7つのスペイン歌曲≫(民謡/ファリャ編)
(7 Canciones Populares Espanolas)〔Traditional/Falla〕)
18,ムーア人の織物 (El Pano moruno)
19,ムルシア地方のセギディーリャ (Seguidilla Murciana)
20,アストゥリアス地方の歌 (Asturiana)
21,ホタ (Jota)
22,子守歌 (Nana)
23,歌 (Cancion)
24,ポロ (Polo)
25,サパテアート(毒グモ)〜サルスエラ≪ラ・テンプラニーカ≫より
(Zapateado - “La Tempranica” 〔Gimenes/Romea〕)
ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス(ソプラノ)
(Victoria de los Angeles 〔Soprano〕)
アリシア・デ・ラローチャ(ピアノ)
(Alicia de Larrocha 〔Piano〕)
(1971.11 Live)

(日本語表記はCD〔EMIミュージック・ジャパン:TOCE-14296〕に従いました)
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

ビゼー『カルメン』ビーチャム指揮

Bizet “Carmen”

Carmen : Victoria de los Angeles
Don Jose : Nicolai Gedda
Micaela : Janine Micheau
Escamillo : Ernest Blanc
Frasquita : Denise Monteil
Mercedes : Marcelle Croisier(Act4) & Monique Linval(Act2/Act3)
Le Dancaire : Jean-Christophe Benoit
Le Remendado : Michel Hamel
Morales : Bernard Plantey
Zuniga : Xavier Depraz

Petita Chauteurs de Versailles
Maitrise de la Radiodiffusion Francaise
Choeurs de la Radiodiffusion Francaise
(Chorus Master : Rene Alix)
Orchestre National de la Radiodiffusion Francaise
conducter : Sir Thomas Beecham

(EMI)
(Recorded : 1958.6.4-10 & 1959.9.1-6 & 1959.10.11)
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いらっしゃいませ―ブログ「Clavelitos」について―

いらっしゃいませ。
こちらは、スペインの名ソプラノ、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(1923−2005)の残した録音についての感想を中心に、音楽(主にオペラ・歌曲)について思うことなどをつぶやくブログです。
管理人の私はぶらっくたいがあと申します。かつてはユルシュールと名乗っておりました。
ハンドルネームは変わっても、中身はほとんど変わっておりません。
マイペースに、少しずつ、敬愛するビクトリア・デ・ロス・アンヘレス女史とその歌唱・録音について、好きな音楽についてしたためてゆきたく思います。
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。