2010年02月07日

METライヴビューイング初体験

巷で噂になっているMETライヴビューイングに行ってまいりました。演目は『カルメン』。

私はここ数年、舞台鑑賞から遠ざかっていました。経済的な理由もあったのですが、この数年間は舞台鑑賞に堪えうるスタミナとかパワーといったものが衰えてしまって、長時間のオペラやバレエなどは特に、終始万全の状態でしっかり鑑賞というのが難しくなっていたのです。飽きたとか好きでなくなったというわけではなく、鑑賞したくても充分な体力が――変な言い方ですが、心の体力がない状態、というべきでしょうか。「気力」というよりは「心の体力」。
去年の後半くらいから少しずつ、心のスタミナも戻ってきたかな? と思えるようになってきたのですが、果たして映画館の大画像でのライヴ映像相手に長時間しっかり楽しめるか? そこまでの元気が戻っているか? まあ『カルメン』は大好きな作品だし、ヴァーグナーの楽劇みたいな超大作ではないし、ロベルト・アラーニャのドン・ホセは一度は観ておきたいし……ということで、デビューと相成りました。

結果としては、休憩が入っていたこともあり、予想以上に楽しめました! 当然、舞台の出来が非常に良かったからというのもありますが、自分も少しずつだけど確実に回復してきてきているんだな、とも実感しました。
もっとも帰る途中で急に気分が悪くなってしまい、しばらくへばっていたのですが……これは昼食か間食のせいで、METライヴビューイング体験の影響ではないと思います。
今はちょっと回復しましたが、まとまった感想まで書く体力はまだ戻っておらず……そのうち書くかもしれません。

METライヴビューイング、次回は『シモン・ボッカネグラ』、その次は『ハムレット』とのこと。できればどちらも観たいなあ……こういうことになるなら、3枚セットを買えば良かったか。とほほ。
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。