2010年04月23日

Komm, lieber Mai!

思い立って、4月からラジオのドイツ語講座を聞き始めました。
第4週金曜である今朝の放送のお題はドイツ・リート、モーツァルトの‘Sehnsucht nach dem Fruhling'でした。エリーザベト・シュヴァルツコップ&ヴァルター・ギーゼキングの録音。シュヴァルツコップの生舞台はもちろん、彼女の日本でのマスタークラスで通訳も務めたこともあるという講師の先生曰く、「春へのあこがれというより、エリーザベトへのあこがれ!」大ファンの模様。

この先生に限らず多くのドイツ・リートファンにとって、エリーザベト・シュヴァルツコップは、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウと並んで20世紀を代表するリート歌手という位置付けではないでしょうか。
彼女の残した膨大な録音のうち、そのほんのわずか(*)にしか触れていない私はといえば、恥ずかしながら、彼女の素晴らしさの10分の1も理解できていないのではないかと思います。
(*)家にあるシュヴァルツコップのリートCDを数えてみたら、フィッシャー=ディースカウと録音したヴォルフの“イタリア歌曲集”と、ジェラルド・ムーアのさよならコンサートのライヴ録音だけだった! 「シューベルト歌曲ヒストリカル録音集」のような選集ものやオペラを入れるともうちょっと増えますが。
決して嫌いとか苦手というほどではありませんが、同じソプラノのリート歌手ならばエリー・アメリンクやルチア・ポップなどの方にどうしても食指が動いてしまいます(ビクトリア・デ・ロス・アンヘレスは別格)。いくら何でも聴いた録音の絶対量が少ない、もっといろいろな録音を聴いてみるべきなのでしょうが……。
しかし、そんな私でも、シュヴァルツコップの歌う‘Sehnsucht nach dem Fruhling'には、耳に染み入るような魅力を感じました。ヴォルフを歌う時とはまた違う、さりげない、シンプルな魅力。
シュヴァルツコップのリートも、これからは前より積極的にいろいろ聴いてみようかな、と思います。

モーツァルトの歌曲に関しては、エルナ・ベルガーの歌唱が特に好きです。‘Sehnsucht nach dem Fruhling'の録音は持っていませんが、‘Das Veilchen’や‘Der Zauberer’など、ほんとにチャーミングで大好き!
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

動画配信とは!

東京・春・音楽祭、動画配信(期間限定)とは素晴らしい!

http://www.tokyo-harusai.com/news/index.html

あの『パルジファル』も、音声オンリーながら全部聴けるとのこと。気にはなっていたものの行けなかったメルベトのリサイタルも観られる!
問題は、配信期間の間に私が観られるかどうかですな……それくらい、今、オフラインがきつい……。『サウンド・オブ・ミュージック』? そんなの夢のまた夢ですよ、チケットもあらかた売り切れていますし、当日券(立見)は出ているようですがいつ観にゆけるやら……。
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ドレミファどうしよう

今春、劇団四季がアンドリュー・ロイド=ウェバー監修版『サウンド・オブ・ミュージック』をかけるというのは、電車の中吊り宣伝やテレビコマーシャルなどのおかげで知っていました。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

オペラの予習は録音派

先日、『ハムレット』(オペラ原語のフランス語発音だと『アムレット』)を映画館に観にゆくにあたって予習をした、と書きましたが、予習といっても上野文化会館4階の音楽資料室にてレコードを聴いた程度であります。リチャード・ボニング指揮ウェールズ歌劇場の演奏で、タイトルロールはシェリル・ミルンズでジョーン・サザーランドがオフェリーという豪華キャストでした。そういえば新王役がMETライブビューイングと同じジェームズ・モリスだったなあ……。
それまで聴いたこと/観たことのないオペラを初めて鑑賞するにあたり、映像(DVDやLDなど)で予習される方も、録音(CDやレコード)で予習するという方もおられると思います。私は、まずは映像なしの録音鑑賞で予習する派です。映像でもってその舞台の先入観を植え付けられたくない、というより、まず音楽を聴いて「なるほど、こういう感じの作品なのかな?」とあれこれ勝手に想像してみたいのです。ある程度自分なりのイメージを持っておいてから、実際の舞台に向かうタイプです。実演の予習でなくても、初めてのオペラにはまず録音それから映像、という自分のスタイルは今でも変わっていません。

実は、5月〜6月の新国立劇場『影のない女』を観にゆけたらいいなあ、と画策しているのですが、この作品をきちんと通して聴いた/観たことがまだありません。
全く予習なしのぶっつけ本番だとちときつそうな作品だし……何か録音を近所の図書館で借りるかして(ショルティ盤があったはず)予習してみようか。いやそれ以前にチケットが今からでもまだ取れるか……?
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

パタパタパタパタパタパタ

タイトルですが、ブログ主がとうとう頭をいわしてしまったわけではありません。ちょっと酔ってはいますが。てか、元からいわしてるともいえる(おい)。
というわけで、今日は乱筆乱文お許し下さいませ。カテゴリはこれでも「音楽」です。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

シューベルトの誕生日の翌日に思う

昨日はシューベルトの誕生日だったのだから、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレスのCD感想文も、シューベルト歌曲の入っているCDを選べば良かったかも。不覚。でもハンター・カレッジ・リサイタルのライヴ録音(withラローチャ!)は早く取り上げたかったし、まあいいか。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。