2010年04月06日

2010.4.4 東京・春・音楽祭 ヴァーグナー『パルジファル』(演奏会形式)

一昨日、数年ぶりに生オペラ鑑賞復帰いたしました。といっても演奏会形式ですが。東京・春・音楽祭の「東京春祭ワーグナー・シリーズ」第一弾、『パルジファル』演奏会形式です。
久しぶりの生オペラ復帰がいきなり『パルジファル』じゃきついかな(しかもこの作品をこれまで生で聴いたことがない)、とも思ったのですが、長大なこの作品自体日本でちゃんと聴ける機会は限られていそうだし、ヴァーグナーの楽劇の中でもこの作品と『トリスタンとイゾルデ』に限っては妙ちきりんな演出で見せられるくらいだったら演奏会形式の方がはるかにマシと前々から思っていたので、思い切って聴きにゆくことにしました。会場は東京文化会館大ホール、席は3階右サイド(下手側)。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(オペラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする