2010年07月05日

2010.6.29 英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』(東京文化会館)

3階2列中央。

ジュリエット:吉田都
ロミオ:スティーヴン・マックレー
マキューシオ:ブライアン・マロニー
ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド
ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン
パリス:ヨハネス・ステパネク
キャピュレット公:ギャリー・エイヴィス
キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート
エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド
ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ
乳母:クリステン・マクナリー
モンタギュー公/僧ロレンス:アラステア・マリオット
モンタギュー夫人:ローラ・マッカロク
ジュリエットの友人:リャーン・コープ/ベサニー・キーティング/イオーナ・ルーツ/
           エマ=ジェーン・マグワイア/ロマニー・パジャク/サビーナ・ウエストコム
3人の娼婦:ラウラ・モレーラ/ヘレン・クロウフォード/フランチェスカ・フィルピ
マンドリン・ダンス:ホセ・マルティン/ポール・ケイ/蔵健太/ミハイル・ストイコ/
           アンドレイ・ウスペンスキー/ジェームズ・ウィルキー
ボリス・グルージン指揮
東京フィルハーモニー交響楽団

 前売り券は当然取れず、当日無理を承知でキャンセル券目当てに並んでみたところ、開演1時間前にスポンサーから戻ってきたチケットを取ることができた。しかも3階中央の良席。なぜか目の前の席が空席だったため、視界を妨げるものが何もないという、これ以上ない環境だった。これで今年の観劇運は使い切ってしまったような気がしないでもない。
 観賞後は深い感動と共に言いようのない疲れを感じ、その疲れが数日抜けなかった。今年は、ここ数年の自分自身の“不調”からはだいぶ立ち直れたように感じていたが、まだ本調子ではないことを改めて感じた。したがって感想の内容も薄い。どうかご了承ください。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(バレエ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。