2010年07月16日

2010.7.6 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』(四季劇場・秋)

2階6列中央。

マリア:井上智恵
トラップ大佐:芝清道
修道院長:秋山知子
エルザ:西田有希
マックス:勅使瓦武志
シュミット:大橋伸予
フランツ:川地啓友
シスター・ベルテ:佐和由梨
シスター・マルガレッタ:矢野侑子
シスター・ソフィア:あべゆき
ロルフ:岸佳宏
リーズル:谷口あかり
フリードリッヒ:鳴戸嘉紀
ルイーザ:今井利奈
クルト:川原一輝
ブリギッタ:片岡芽衣
マルタ:鈴木アリサ
グレーテル:平井花奈
平田英夫指揮

 友人と一緒に観に行きました。

続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

2010.6.29 英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』(東京文化会館)

3階2列中央。

ジュリエット:吉田都
ロミオ:スティーヴン・マックレー
マキューシオ:ブライアン・マロニー
ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド
ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン
パリス:ヨハネス・ステパネク
キャピュレット公:ギャリー・エイヴィス
キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート
エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド
ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ
乳母:クリステン・マクナリー
モンタギュー公/僧ロレンス:アラステア・マリオット
モンタギュー夫人:ローラ・マッカロク
ジュリエットの友人:リャーン・コープ/ベサニー・キーティング/イオーナ・ルーツ/
           エマ=ジェーン・マグワイア/ロマニー・パジャク/サビーナ・ウエストコム
3人の娼婦:ラウラ・モレーラ/ヘレン・クロウフォード/フランチェスカ・フィルピ
マンドリン・ダンス:ホセ・マルティン/ポール・ケイ/蔵健太/ミハイル・ストイコ/
           アンドレイ・ウスペンスキー/ジェームズ・ウィルキー
ボリス・グルージン指揮
東京フィルハーモニー交響楽団

 前売り券は当然取れず、当日無理を承知でキャンセル券目当てに並んでみたところ、開演1時間前にスポンサーから戻ってきたチケットを取ることができた。しかも3階中央の良席。なぜか目の前の席が空席だったため、視界を妨げるものが何もないという、これ以上ない環境だった。これで今年の観劇運は使い切ってしまったような気がしないでもない。
 観賞後は深い感動と共に言いようのない疲れを感じ、その疲れが数日抜けなかった。今年は、ここ数年の自分自身の“不調”からはだいぶ立ち直れたように感じていたが、まだ本調子ではないことを改めて感じた。したがって感想の内容も薄い。どうかご了承ください。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(バレエ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

Wagner“Die Meistersinger von Nuernberg”MET 1953.1.10 Live

Richrad Wagner “Die Meistersinger von Nuernberg”

Hans Sachs : Paul Schoeffler
Veit Pogner : Josef Greindl
Kunz Vogelgesang : Thomas Hayward
Konrad Nachtigall : Algerd Brazis
Sixtus Beckmesser : Gerhard Pechner
Fritz Kothner : Mack Harrell
Ulrich Eisslinger : Emery Darcy
Augustin Moser : Joseph Folmer
Hermann Ortel : Osie Hawkins
Hans Schwarz : Lawrence Davidson
Hans Foltz : Lorenzo Alvary
Walther von Stolzing : Hans Hopf
David : Richard Holm
Eva : Victoria de los Angeles
Magdalene : Hertha Glaz
Ein Nachtwaechter : Clifford Harvuot
Orchestra and Chorus of the Metropolitan Opera House
Conductor : Fritz Reiner
Metropolitan Opera House, New York, 10.1.1953
(Walhall)
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

2010.6.8 『キャンディード』(帝国劇場)

マチネ、2階K列中央。

ヴォルテール&パングロス:市村正親
キャンディード:井上芳雄
クネゴンデ:新妻聖子
マキシミリアン:坂元健児
マーティン:村井国夫
老女:阿知波悟美
ヴァンデンデルデュール:安崎求
パケット:須藤香菜
カカンボ:駒田一

体調が良くない中での観賞だったので、かなり大雑把な感想になってしまっています。
 ……前回の『サウンド・オブ・ミュージック』といい、4月の『パルジファル』といい、体調管理何やってるんでしょうか、私。情けないです。今日はたまたま体調の悪くなる時期と重なってしまった、という方が正確ではありますが。
 後で書き直すかもしれません。
*2010.6.11 追記
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

2010.5.22 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』(四季劇場・秋)

マチネ、1階9列(実質7列)上手側。

マリア:井上智恵
トラップ大佐:鈴木綜馬
修道院長:秋山知子
エルザ:坂本里咲
マックス:勅使瓦武志
シュミット:丹靖子
フランツ:川地啓友
シスター・ベルテ:佐和由梨
シスター・マルガレッタ:矢野侑子
シスター・ソフィア:あべゆき
ロルフ:飯田達郎
リーズル:谷口あかり
フリードリッヒ:笠原知也
ルイーザ:今井利奈
クルト:ラヴェルヌ拓海
ブリギッタ:石井日菜
マルタ:池戸優音
グレーテル:西山寿奈
濱本広洋指揮

使用人コンビと子役3人、指揮者以外は4月24日マチネと同じキャスト。
補足の感想メモとして一応こちらこちらをアップしました。いろいろな意味でたいへん見苦しいものですが、それでも構わないという方はどうぞ。

続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.5.22 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』第2幕感想メモ

2010.5.22 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』マチネの感想メモ・第2幕編。
脚本・演出などのネタばれあり。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 16:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.5.22 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』第1幕感想メモ

2010.5.22 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』マチネの感想メモ・第1幕編。
脚本・演出などのネタばれあり。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 16:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

気づけば6月

いつの間にか6月ですな。
新国立劇場『影のない女』は、結局観にゆけずじまいでした。スケジュールと経済的理由に体調不良が加わってしまい万事休すです。そもそも予習自体できずじまいだし。なかなか日本では上演されない(であろう)演目だけに残念無念……。
まあ、この作品の実演に触れられるまたの機会を気長に待つことにしましょう。

先ほど、テレビで石丸幹二さんが‘So in Love’を歌うのを母と共に聴きました。今のところ、私が彼を舞台で観たのはただ1度。中学生か高校生の時に母と一緒に観た『美女と野獣』のビースト役でした(なお、この時ベルを演じたのが現在『サウンド・オブ・ミュージック』でエルザ役を務めている坂本里咲さんです)。母に「覚えてる?」と聞くと、「覚えてるよ。なんか化け物の役だったよね」。ミュージカル嫌いの母ですが、あの舞台はどうにか覚えている様子。
あれから10数年、テレビの中の石丸さんは持ち前の美声で丁寧に歌っておられましたが、彼の歌の魅力はやはりテレビよりも舞台で発揮されるのでは、とも感じてしまいました。『エリザベート』、やはり観にゆくべきなのか……。
なお、‘So in Love’に関しては、私はヘルマン・プライの録音(英語歌唱)を愛聴しております。

先月の『サウンド・オブ・ミュージック』感想は明日アップするつもりです。観劇当日の夜につけた感想メモをまとめただけですが、自分ではそんなつもりではなかったのに見事に偏った感想、しかも何だかキモい……まあいいか、開き直ります(おい)。かの人が魅力的過ぎるのが悪いのです。
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

雑感

アンネリーゼ・ローテンベルガーさんの訃報をネットで知って、しんみりしております。『魔笛』のパミーナといえば、私の中ではグンドゥラ・ヤノヴィッツさんとこの人だな……。謹んでご冥福をお祈りいたします。
先日のジュリエッタ・シミオナートさんといい、20世紀を代表する大歌手が次々と姿を消してゆくのは、彼女たちの歌にCDを通してしか触れるすべのなかった私ですら、何とも淋しい気持ちがします。

新国立劇場『影のない女』はスケジュールと経済的な理由で、観にゆけない公算大になってきました。よしや観にゆけたとしても、先週の『サウンド・オブ・ミュージック』の残像がまだ心にべったり焼き付いていて、いわば数日前に食べたごちそうのせいで胃もたれ起こしているような状態です。いろんな意味でしっかり観賞できる精神的余裕が残っているかどうか……昔は連日観賞とか平気でできたんですけどね。まだ昔ほどには心のスタミナは戻っていないみたいです。それに今は、とにかく数観まくるというよりは、観賞数は少なくともひとつひとつの作品をしっかりと観賞したいという心境ですし。ちょっとは大人になったということかしらん――単に年をとっただけ?
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

2010.4.24 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』作品・演出感想メモ

5月22日マチネの感想を書く前に、4月24日マチネで演出などについて感じたことについてのメモをアップします。
以下、舞台についてのネタばれあります。今更かもしれませんが。
続きを読む
posted by ぶらっくたいがあ(元ユルシュール) at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台鑑賞(ミュージカル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。